ブランドの知識を得てもっとブランドを楽しみましょう!
ブランド通りBrand street
 



正規品と並行品とは・・・

正規品とは日本の正規代理店(LOUIS VUITTON JAPAN等)を通じて入荷されたブランド品のことで、百貨店等で販売されているものが主にそうです。
並行品とは海外の正規店やバイヤーなどから買い、そこから日本に輸入されたブランド品のことです。有名なとこでいえば、大黒屋やエクセル、米兵などがそうです。海外から買い付けているため、そのときの為替のレートなどの関係で、価格が多少変動します。

なぜ並行品があるの?

並行品は正規品に比べ、物にもよりますが値段がかなり安くなるということと、海外から買い付けているため、正規店では入荷されていない日本未入荷の商品も、並行品では入荷されていることがあるというメリットがあるからです。日本未入荷の商品は、きちんとした日本の定価が設定されていないため、並行店ではその買い付けた時点の価格を日本円で計算したものを参考定価としてOFF率などを記載しています。

並行品のデメリット

並行品を販売してて、一番皆さんが気にされていたデメリットは、正規店では付いている紙袋(アイテムによっては箱も)が付いていないことが多いということでした。
その他には、正規のアフターサービスを受けることが出来ない場合が多い、ということを気にされている方もおられましたが、正規のものを受けることができなくても、ほとんどの場合は並行店がきちんと自店のアフターサービスを提供しているため、その面では安心して大丈夫だと思います。

正規店で購入する理由

紙袋なんかが付いてるからやっぱり正規品!という人もいると思いますし、値段が高くても『正規店で買った!』という満足感を得たいからという人もいると思いますが、おそらく一番多いのは、並行品は値段が安いだけに、『ひょっとして偽物なんじゃないか?』と思い、手堅く正規品を選ぶということではないかと思います。
もっと多くの人が正しい並行品に関する知識を持てば、並行品の需要はさらに増えていくと思います。

並行品は本当に本物?

きちんと会社として店舗を構えブランド品を販売しているところは99%本物です。
偽物を意図的に販売するのは犯罪ですし、大量に販売すればすぐ問題になって営業停止になってしまいます。
一般的に思われているほど、偽物を売りつけようと思っているところは多くないように思います。

pickup

札幌 脱毛サロン

最終更新日:2017/11/13

 
〜ブランド通り〜